​ペルーでのCOVID-19(コロナウィルス)の現状について

南米最大の観光国であるペルーもコロナウィルスの影響を受けています。
​このページは、ペルー旅行をお考えの日本人の皆さんに、ペルーでのCOVID-19(コロナウィルス)の最新の情報をお伝えすることを目的として開設しました。これまでの経緯と、政府が出す対策を知ったうえで旅行の計画を立てていただきたいと思います。

​直近1カ月の感染者、死者数の推移

​2月06日更新

​2020年3月から2021年1月末までの感染者、死者の推移

​ペルーでのコロナウィルス関連のニュース

​2020年3月6日

​ビスカラ大統領がペルーで最初のコロナウィルス感染者が出たことを発表。

​2020年3月11日

​ビスカラ大統領がペルー全土の公立・私立の小中学校の休校を発表。同日付でイタリア、フランス、スペインからの入国者を14日間隔離すると宣言。300人以上の大きなイベントはすべてキャンセルに。感染者は15人。

​2020年3月12日

​ビスカラ大統領がペルー全土の公立・私立の大学、専門学校の休校を発表。日付は3月31日まで。加えてアジアとヨーロッパ発着のすべてのフライトをキャンセル。適用は3月16日から30日間。感染者は22名に。

https://diariocorreo.pe/peru/coronavirus-en-peru-suspenden-llegada-de-vuelos-procedentes-de-europa-y-asia-covid-19-noticia/

​2020年3月13日

​文化省がコロナウィルスの影響でマチュピチュ訪問の予定を変更する観光客、旅行社のために、購入済の入場券を無料で変更する旨を発表。すでに購入済のチケットの返金もあり。国内では28人の感染者が確認されたとのこと。

https://rpp.pe/politica/gobierno/coronavirus-covid-19-martin-vizcarra-confirma-28-casos-en-el-pais-noticia-1251319

​2020年3月15日

ペルー時間13時現在、感染者は71人に。死者は0。

20時にビスカラ大統領は国家緊急事態令を発令。15日23時59分から15日間、陸、海、空のすべての国境は封鎖される。

​この発令は6日に最初の感染者が確認されて以来急激な感染者の増加がみられたため。

https://rpp.pe/politica/gobierno/coronavirus-covid-19-martin-vizcarra-decreta-el-estado-de-emergencia-nacional-y-dispone-aislamiento-social-obligatorio-noticia-1251763

マチュピチュを訪問する観光客が使用する列車は17日から全面運休。すでにマチュピチュ遺跡は閉園。マチュピチュにいる観光客を運ぶために16日はマチュピチューオリャンタイタンボ間のみを運行。クスコープーノ間の列車も16日にプーノ―クスコ間の2つの列車を走らせ、17日以降は全面運休。

​2020年3月19日

ペルーでコロナウィルスによる初めての死者が出る。78歳の男性。その後スペインに渡航した47歳と69歳の男性も相次いで死亡。コロナウィルスが原因の死者が3名となる。感染者は234名。

https://rpp.pe/lima/actualidad/coronavirus-ministerio-de-salud-confirma-segundo-fallecimiento-de-paciente-por-covid-19-en-peru-noticia-1252908

​2020年3月21日

コロナウィルスの感染者は318人。死者は5名に。3月22日からリマのホルヘ・チャベス国際空港のオペレーションが完全に閉鎖されることが発表。この発表により国際線、国内線の飛行機は当空港では一切発着できなくなる。16日以降夜間外出禁止令が敷かれているにもかかわらず外出する人が後を絶たず各地で数百人から千人近くが警察に補導される。

2019年にリマで開かれたパン・アメリカン大会(日本でいうアジア大会のアメリカ大会版)の選手村がコロナウィルス専門の病院として機能することが発表される。7棟のビルに3000床が設置される予定。

https://rpp.pe/multideportes/panamericanos/coronavirus-la-villa-panamericana-un-gran-legado-avanzan-los-trabajos-para-el-hospital-mas-grande-del-pais-noticia-1253293

​2020年3月27日

正午の会見でビスカラ大統領は国内の感染者は635人と発表。うち69人が入院している。(そのうち21人が集中治療室で治療を受けている)。死者は前日の9人から2人増えて11人。

https://mag.elcomercio.pe/respuestas/coronavirus-peru-en-vivo-contagiados-fallecidos-y-mas-casos-de-hoy-ultimo-minuto-cuarentena-cts-afp-mensaje-a-la-nacion-covid-19-martin-vizcarra-aislamiento-social-nnda-nnrt-noticia/

「国家緊急事態令」が発令されて以来、外出できないために収入が制限されているペルー国民の70万世帯に380ヌエボス・ソーレスを支給することが発表され、順次送金手続きが始まっている。

https://elbocon.pe/trends/bono-380-soles-onpe-pone-a-disposicion-su-plataforma-digital-para-conocer-si-eres-uno-de-los-beneficiarios-del-subsidio-economico-y-el-lugar-del-cobro-plataforma-conoce-tu-lugar-de-votacion-mira-aqui-si-recibes-el-bono-economico-donde-y-como-ver-si-recibes-el-bono-de-380-soles-coronavirus-peru-noticia/

​2020年3月29日

「国家緊急事態令」が発令されて2週間。国内では12,669件の検査が行われ、陽性反応が出た(感染者)のは852人。その内107名が入院している(そのうち40名は集中治療室で治療中)。死者は18名。
https://peru.as.com/peru/2020/03/30/tikitakas/1585559591_444404.html

クスコに足止めされていた日本人グループの第二陣がリマに向けてを出発。ペルー日本大使館がチャーター機を手配。

​2020年4月10日

10日正午の発表で国内の感染者は5897人、うち687人は入院中(130人は集中治療室で治療を受けている)。死者は169人。
https://libero.pe/ocio/1551894-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-comunicado-minsa-regiones-mapa-distritos-hoy-ultimas-noticias-viernes-10-abril-2020

なお26日まで延長された「国家緊急事態令」は、11日以降外出の制限が下記の通り課される。
【11日(土)以降の絶対外出禁止時間】
午後6時から翌日午前4時
※ピウラ州・トゥンベス州・ランバイェケ州・ラ・リベルタ州・ロレト州は,午後4時から翌日午後4時
なお4月3日より施行された外出時に関する制限(食料品,薬品の購入・銀行での手続き等のための外出について,男性は月・水・金のみ外出可能,女性は火・木・土のみ外出可能,日曜日は男性・女性とも外出不可能)に関しては,11日(土)以降は,月~土曜日の間,性別に関わらず各世帯1名のみが外出可能となる。なお,日曜日は引き続き性別に関わらず,終日外出禁止。

​2020年4月14日

午後2時の時点でペルー国内で10,303人の感染者が確認され、死者は230人。(クスコでは53人の感染者、死者は3人)

https://libero.pe/ocio/1552811-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-comunicado-minsa-regiones-mapa-distritos-ultimas-noticias-martes-14-abril-2020

本日14日から①1家庭につき1人以上が外出する(外出は1家庭当たり1人のみ)、②マスクを使用していない、③「夜間外出禁止令」発令中に外出すること、④身分証明書を携帯せずに外出すること など、「国家緊急事態令」に関係する法令を遵守しない場合に罰金が科せられる。

https://larepublica.pe/sociedad/2020/04/14/coronavirus-en-peru-uit-multas-de-s-86-a-s-430-por-incumplir-restricciones-durante-el-estado-de-emergencia/

​2020年4月18日

「国家緊急事態令」が発令されて34日目。
国内では累計14,420人が感染し(うち6541人は回復)1268人が入院して治療を受けている。(そのうち117人は集中治療室)。死者は348人。
Vizcarra大統領は4月後半の2週間が最も感染者が多くなるピークを迎え、その後緩やかに下降していく予定であると発表。Panamericanaの元選手村を急きょ改造してコロナウィルス専門の病院にした結果900床を新たに確保したが、現時点で600床ほどが埋まっている。
https://libero.pe/ocio/1553742-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-minsa-regiones-mapa-distritos-ultimos-noticias-sabado-18-abril-2020

​2020年4月20日

正午の大統領の会見では、国内の感染者は16,325人確認されている。(これまで累計148,011人に検査を行っている)6,968人がすでに回復し、1682人が今も入院している。(うち385人は集中治療室で治療を受けている)。死者は445人。
大統領は、少なくとも今年いっぱいは学校の授業はすべてインターネット、あるいはタブレットを使って行われるため、私立の学校に通う生徒は公立の学校に編入する必要性についても言及する。今週末に期限が切れる「国家緊急事態令」が延長されるかどうか、まだ検討中。
https://libero.pe/ocio/1554213-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-minsa-regiones-mapa-distritos-ultimos-noticias-lunes-20-abril-2020

​2020年4月22日

Vizcarra大統領の会見は今日も無し。26日に期限が切れる「国家緊急事態令」の延長の必要性の有無について各省庁と調整中とのこと。
22日午前0時の時点の発表では、国内の累計感染者は19,250人。(累計検査数170,400)。7,027人が回復し、2,434人が入院中。死者は530人。感染者の増加が続く中、地方からリマに移り住んだ人たちが経済苦を理由に地方に戻り始めている。交通機関が完全にストップしているため、あるグループは州が準備したバスなどの移動手段で、別のグループは徒歩で移動を始めている。ペルー国内では経済活動がストップしているため、その日暮らすだけのお金を必死で稼いで生きているリマの貧民層の人たちの生活は厳しく、その多くが故郷である地方都市に向かって帰り始めているが、ペルー国内で最も感染者が多いリマから(感染者13,000人以上)地方都市へ感染がさらに広がることが懸念されている。
https://libero.pe/ocio/1554728-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-minsa-regiones-mapa-distritos-ultimos-noticias-miercoles-22-abril-2020

​2020年4月28日

保健省のZamorra大臣が正午に会見を行う。28日0時の時点で国内の感染者は31,190人(前日比+2,491人)、そのうち4,088人が入院して治療中(前日比+120人)。これまで累計267,612人(前日比+28,049人)の検査を行っている。死者は854人に(前日比+72人)。これまで560,000世帯が国から給付された380ヌエボス・ソーレスを受け取ったと発表。その他にもペルー政府はいくつかの給付制度を行っている。

https://libero.pe/ocio/1556213-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-minsa-regiones-mapa-distritos-ultimos-noticias-martes-28-abril-2020

2020年5月8日

「国家緊急事態令」が発令されて54日目。
正午の会見でVizcarra大統領は、5月10日に期限が切れる予定であった「国家緊急事態令」はさらに2週間延長することを発表。これにより「国家緊急事態令」、「夜間外出禁止令」は5月24日まで延長される。「夜間外出禁止令」は5月11日から開始時間を2時間繰り下げて夜8時から翌朝4時までとなる。なお、ロレト州,トゥンベス州,ランバイエケ州及びラ・リベルタ州については現行の夜間外出禁止時間を維持する(午後4時~午前4時)。
さらにVizcarra大統領は、主な感染源となっているのは、①市場、②銀行、③公共の乗り物の停留所、と特定した、と発表。これからこの3つの場所からの感染を防ぐ対策を検討する、と発表。
​5月8日0時の時点で、473,190人に検査を行い、国内の感染者は61,847人。6,155人は入院して治療を受け(730人が集中治療室で治療を受けている)ている。死者は1,714人。これまで19,012人が回復している。

https://libero.pe/ocio/1558372-coronavirus-peru-covid-19-mensaje-vizcarra-vivo-minuto-minuto-infectados-muertes-minsa-regiones-mapa-distritos-ultimas-noticias-viernes-8-mayo-2020

2020年5月18日

「国家緊急事態令」が発令されて64日目。

​5月18日0時の報告では、累計検査数は661,132人、そのうち陽性反応が出たのは累計94,933人。これまで30,306人は回復したが、現時点で7,509人は入院して治療を受けている。866人は集中治療室で治療を受けている。死者は2,648人。今日18日から14歳以下の子供たちは大人同伴のもとに30分の外出が許されるようになったが、感染者の多いリマでは子供への感染を恐れて子供を外に出さない親も多い。60日以上もの外出制限の中で41%ものペルー人が職を失う、あるいは収入を受け取っていないとの調査結果が出る。

https://peru21.pe/peru/coronavirus-en-peru-dia-64-hoy-18-de-mayo-en-directo-vivo-online-ultimas-noticias-muertos-infectados-contagiados-ultimo-minuto-martin-vizcarra-minsa-minuto-a-minuto-del-covid-19-alerta-sos-estado-de-emergencia-cuarentena-online-noticia/

17日の新聞には20,000を超える零細企業が倒産の危機にあり、政府の経済的な介入を望んでいる、とのこと。5月12日までに23,088もの会社が政府の救済措置を申し込んでいる。そのうちの80%は零細企業(従業員10人未満の会社)である。

https://peru21.pe/peru/coronavirus-en-peru-dia-63-hoy-17-de-mayo-en-directo-vivo-online-ultimas-noticias-muertos-infectados-contagiados-ultimo-minuto-martin-vizcarra-minsa-minuto-a-minuto-del-covid-19-alerta-sos-estado-de-emergencia-cuarentena-online-noticia/

2020年5月26日

「国家緊急事態令」が発令されて72日目。

​5月26日0時の報告によると、累計検査数は875,721人、そのうち陽性反応が出たのは累計129,751人。これまで52,906人は回復したが、現時点で8,207人は入院して治療を受けている。923人は集中治療室で治療を受けている。死者は3,629人。

https://peru21.pe/peru/coronavirus-en-peru-dia-72-hoy-26-de-mayo-en-directo-vivo-online-ultimas-noticias-muertos-infectados-contagiados-ultimo-minuto-martin-vizcarra-minsa-minuto-a-minuto-del-covid-19-alerta-sos-estado-de-emergencia-cuarentena-online-noticia-2/

 

25日から「国家緊急事態令」内で幾つかの変更が加えられた。
①必需品の買い出し、銀行あるいは薬局へ行く際に自家用車の使用が可能。時間帯は朝4時から夜9時まで。移動範囲は同じ地区内に限られる。その場合特別な通行許可証は必要ない。

②すべての医療機関の対応が始まる。(獣医も含む)

③理髪店、美容院は営業を開始できる。ただし店舗での営業はできず、顧客の自宅での出張理髪サービスのみとなる。

④運動、スポーツのための外出は一切禁止。(プロスポーツのみ例外)

⑤Rappi,GlovoなどのAppを使っての宅配デリバリーのサービスが解禁される

⑥特別な認可を取得したレストランはデリバリーサービスのみで営業を再開できる
https://rpp.pe/peru/actualidad/coronavirus-en-peru-que-se-puede-y-no-se-puede-hacer-estas-son-las-normas-y-restricciones-del-decreto-supremo-noticia-1267965?ref=rpp

2020年6月5日

「国家緊急事態令」が発令されて82日目。

​保健省による6月5日0時の報告によると、これまでの累計検査数は1,154,468人、そのうち陽性反応が出たのは累計187,468人。これまで79,214人は回復したが、現時点で9,148人は入院して治療を受けている。1,041人は集中治療室で治療を受けている。死者は5,162人。

https://peru21.pe/peru/coronavirus-en-peru-en-vivo-dia-82-todo-lo-que-debes-saber-casos-fallecidos-y-recuperados-covid-19-minsa-ministerio-de-salud-martin-vizcarra-noticia/

6月5日から「国家緊急事態令」下にありながら、経済再開活動のフェーズ2に入る。政府の発表によると、経済活動の80%はこの段階で再開される、とのこと。なお夜9時からの夜間外出禁止令は引き続き適用される。依然空路での移動は一切禁止され、州間の車での移動は7月から8月の間に順次解除される模様。

https://elcomercio.pe/economia/peru/coronavirus-peru-reactivacion-economica-fase-2-que-actividades-podran-volver-a-operar-en-esta-etapa-comercio-mineria-agricultura-manufactura-construccion-servicios-nndc-noticia/

2020年6月19日

「国家緊急事態令」が発令されて96日目。

​保健省による6月19日0時の報告によると、これまでの累計検査数は1,461,266人、そのうち陽性反応が出たのは累計247,925人。これまで135,520人は回復したが、現時点で10,445人は入院して治療を受けている。1,126人は集中治療室で治療を受けている。死者は7,660人。

https://libero.pe/ocio/1567183-coronavirus-peru-vivo-hoy-19-junio-mensaje-martin-vizcarra-tv-peru-emergencia-ultimas-noticias-contagios-minsa-cuarentena-covid-19

現在、経済再開活動第2フェーズにあるペルーだが、22日月曜日からショッピングセンターなどの複合施設での営業が再開されることが決定した。これまで通り1家族につき1人のみの外出となる。この変更につき、これまで必要だった自家用車を使用する際の通行許可証は22日以降必要ではなくなる。
https://elcomercio.pe/lima/sucesos/coronavirus-peru-en-vivo-dia-96-del-estado-de-emergencia-hoy-viernes-19-de-junio-2020-ultimas-noticias-casos-y-muertos-por-covid-19-en-el-pais-minsa-martin-vizcarra-peru-pandemia-noticia/?ref=ecr

2020年6月23日

「国家緊急事態令」が発令されて100日目。

​保健省による6月23日0時の報告によると、これまでの累計検査数は1,539,746人、そのうち陽性反応が出たのは累計260,810人。これまで148,437人は回復したが、現時点で10,588人は入院して治療を受けている。1,161人は集中治療室で治療を受けている。死者は8,404人。

https://peru21.pe/peru/coronavirus-en-peru-en-vivo-23-de-junio-todo-lo-que-debes-saber-en-el-dia-100-del-estado-de-emergencia-cuarentena-covid-19-martin-vizcarra-aislamiento-social-obligatorio-noticia/

22日から国内の35のショッピングモールが営業を再開する。まだ感染者の増加が著しい州を除いて、50%の入場制限を行いつつ営業を行う。
https://peru21.pe/economia/cerca-de-35-centros-comerciales-reiniciarian-operaciones-desde-este-22-de-junio-senala-su-asociacion-accep-nndc-noticia/

2020年7月01日

「国家緊急事態令」が発令されて108日目。
今日7月1日から、COVID-19の感染拡大を防ぐ目的の強制的な社会隔離措置は、国内の7州を除いて緩和される。

​保健省による7月01日0時の報告によると、これまでの累計検査数は1,699,369人、そのうち陽性反応が出たのは累計288,477人。これまで178,245人は回復したが、現時点で11,108人は入院して治療を受けている。1,185人は集中治療室で治療を受けている。死者は9,860人。

https://peru21.pe/lima/coronavirus-peru-1212-pacientes-con-covid-19-estan-en-cuidados-intensivos-con-ventilacion-mecanica-cuarentena-focalizada-nndc-noticia/

交通省大臣Carlos Lozada大臣は、国内線の空の便、国内移動の陸のバス移動を7月15日から段階的に解除していく、と発表した。当初7月1日から再開される予定だったが、この正式な発表により15日からの再開となる。同大臣は最初の1ケ月は40%の稼働率で再開する、とも発表。
https://elcomercio.pe/economia/peru/coronavirus-peru-vuelos-nacionales-y-viajes-interprovinciales-reiniciarian-el-15-de-julio-informo-el-mtc-carlos-lozada-nndc-noticia/

2020年7月15日

「国家緊急事態令」が発令されて122日目。

​保健省による7月15日16時の報告によると、これまでの累計検査数は1,963,921人、そのうち陽性反応が出たのは累計337,724人。これまで226,400人は回復したが、現時点で12,048人は入院して治療を受けている。死者は12,417人。

https://libero.pe/ocio/1572383-coronavirus-peru-vivo-hoy-15-julio-casos-confirmados-covid-19-muertes-reporte-oficial-minsa-victor-zamora-martin-vizcarra-numero-contagios

本日15日からペルー国内での陸・空の移動が再開された。リマのホルヘ・チャベス空港では初日とあって大きな混乱も見られた。

https://gestion.pe/peru/lap-coordinara-reprogramaciones-para-personas-que-perdieron-vuelos-por-aglomeraciones-en-aeropuerto-jorge-chavez-nndc-noticia/

2020年7月23日

「国家緊急事態令」が発令されて130日目。

​保健省による7月23日の報告によると、これまでの累計検査数は2,158,770人、そのうち陽性反応が出たのは累計371,096人。これまで255,945人は回復したが、現時点で12,985人は入院して治療を受けている。集中治療室で治療を受けているのは1,372人。死者は17,654人。

https://www.gob.pe/institucion/minsa/noticias/215539-minsa-casos-confirmados-por-coronavirus-covid-19-ascienden-a-371-096-en-el-peru-comunicado-n-181

保健省は22日、COVID-19による死者数の急激な増加について発表した。22日だけで3688名もの新たな死者が出たと発表されたが、この数は3月に初めて国内での死者が確認されて以来、ペルー国内でコロナウィルスによる死者の確認、報告が遅れた州があるため、とPilar Mazzetti女史は報告した。この数は6月末までにコロナウィルスにより亡くなった全国の死者でなおかつこれまで報告されていなかった数、とし、7月1日から現在までに亡くなった人数は、毎日報告される国内のコロナウィルス経過報告に加えられていく、と発表している。
https://peru21.pe/lima/tasa-de-letalidad-por-covid-19-se-elevo-a-476-tras-incorporar-3688-nuevos-decesos-al-conteo-oficial-covid-9-video-nndc-noticia/

2020年7月31日

「国家緊急事態令」が発令されて138日目。

​保健省による7月31日の報告によると、これまでの累計検査数は2,348,396人、そのうち陽性反応が出たのは累計414,735人。これまで287,127人は回復したが、現時点で13,577人は入院して治療を受けている。集中治療室で治療を受けているのは1,414人。死者は19,217人。

https://www.gob.pe/institucion/minsa/noticias/232456-minsa-casos-confirmados-por-coronavirus-covid-19-ascienden-a-414-735-en-el-peru-comunicado-n-192

 

7月31日に期限が切れる「国家緊急事態宣言」は8月31日まで延長されることが発表される。なお、下記の州および郡では社会的隔離措置が適用される。
(州全域)アレキパ州、イカ州、フニン州、ワヌコ州、サン・マルティン州
(州内一部地域)マドレ・デ・ディオス州タンボパタ郡、アンカシュ州サンタ郡、カスマ郡、ワラス郡、モケグア州マリスカル・ニエト・デ・イロ郡、タクナ州タクナ郡、クスコ州クスコ郡(クスコ市含む)、ラ・コンヴェンション郡、プーノ州サン・ロマン郡、プーノ郡、ワンカベリカ州ワンカベリカ郡、カハマルカ州カハマルカ郡、ハエン郡、サン・イグナシオ郡、アマソナス州バグア郡、コンドルカンキ郡、ウトゥクバンバ郡、アプリマク州アバンカイ郡、アンダワイラス郡


上記の社会的隔離措置の対象である地域については、20時から翌朝4時までの間、外出禁止となる。これらの地域では、日曜日は引き続き、認可された労働や緊急時の病院への移動等を除き、終日外出禁止となる。
​上記以外の州では、曜日に関わらず、毎日22時から翌朝4時まで、特定の活動が認められる人や医療・健康上の必要性があるもの以外は外出禁止となる。
https://elcomercio.pe/lima/sucesos/coronavirus-peru-cuarentena-focalizada-se-extiende-hasta-el-31-de-agosto-en-cinco-regiones-y-20-provincias-del-peru-cuarentena-estado-de-emergencia-covid-19-nndc-noticia/

 

2021年1月29日

ペルー政府は、1月27日(水)付の官報にて、国家緊急事態令の延長(2月28日(日)まで)を発表。ペルー政府は、同官報にて、州ごとの感染警戒レベルを再設定し、同レベルに応じた移動制限・私用車利用禁止等の措置を発表。これらの変更・追加措置は、1月31日(日)から2月14日(日)まで適用され、その後継続の有無が検討される。

ペルー政府は州ごとの感染警戒レベルを以下の通り定める。
(1)感染警戒レベルが最も高い(Extremo)地域
リマ市、カヤオ憲法特別市、リマ州、アンカシュ州、パスコ州、ワヌコ州、フニン州、ワンカベリカ州、イカ州、アプリマック州
(2)感染警戒レベルが非常に高い(Muy Alto)地域
トゥンベス州、アマソナス州、カハマルカ州、アヤクチョ州、クスコ州、プーノ州、アレキパ州、モケグア州、タクナ州
(3)感染警戒レベルが高い(Alto)地域
ピウラ州、ロレト州、ランバイェケ州、ラ・リベルタ州、サン・マルティン州、ウカヤリ州、マドレ・デ・ディオス州
(4)感染警戒レベルが中程度(Moderado)の地域
該当なし

1月31日(日)から2月14日(日)の間、曜日にかかわらず、特定の活動が認められるものや医療・健康上の緊急性があるもの以外は、地域ごとの感染警戒レベルに応じて、以下の時間帯の外出を禁止する。
(1)感染警戒レベルが最も高い地域:終日
※同警戒レベル対象地域では、午前6時から午後6時までの間住居付近の場所に徒歩で最大1時間の外出を行うことを認める。
(2)感染警戒レベルが非常に高い地域:午後8時から翌日午前4時までの間
(3)感染警戒レベルが高い地域:午後9時から翌日午前4時までの間
(4)感染警戒レベルが中程度の地域:午後11時から翌日午前4時までの間

4.私用車の利用禁止
1月31日(日)~2月14日(日)の間、地域ごとの感染危険レベルに応じて、以下の曜日において、私用車の利用を禁止する(当局によって発行された通行書を所持する車両を除く)。
(1)感染警戒レベルが最も高い地域:曜日に関わらず上記期間は使用禁止
(2)感染警戒レベルが非常に高い地域:土曜日及び日曜日
(3)感染警戒レベルが高い地域:日曜日
https://busquedas.elperuano.pe/normaslegales/decreto-supremo-que-prorroga-el-estado-de-emergencia-naciona-decreto-supremo-n-008-2021-pcm-1923103-1/

Copyright©2018 ILLAPATOURS.E.I.R.L.